ニュース
Introduction 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10

Introduction


宇宙からの侵略者・ネリリ星人を退けた人類は、太陽系全域にまで居住区を広げ、
その繁栄を謳歌していた。

その 100 年後──

人類が熱狂するのは、しん・大運動会!
大学衛星と呼ばれるスペースコロニーに、
太陽系の各地から少女たちが集結。
宇宙一の座をかけて、様々な スポーツで激闘を繰り広げるのだ。
最後に勝ち残った者は宇宙撫子コスモビューティーと呼ばれ、
太陽系の女王の座に就くことができる。
地球の少女・明星あけほしかなたは、幼い頃に交わしたある約束を果たすため、宇宙撫子を目指す。
南極訓練校での予選を見事に勝ち抜き、
大学衛星にやって来たかなた。
そこで、かつて約束を交わした少女と
再会を果たす。

勇気と希望と誇りをかけた、
少女たちの熱いスポーツバトルが幕を開ける!

1st Run オンユアマーク!

太陽系の各地から様々な少女たちが集まり、スポーツでナンバーワンを決める神(しん)・大運動会。その頂点に立つ者は宇宙撫子(コスモビューティー)と呼ばれ、女王として君臨することになる。幼い頃に交わした約束を果たすため、宇宙撫子を目指す明星かなたは、地球代表を決める予選で見事に勝利する。

2nd Run 走り出す夢

かなたはルームメイトとなったシェリィに起こされながら朝練に励む。リディア、ヤナ、パリア達有力選手とも顔を合わせる。一際目立つのがエヴァ・ガレンシュタイン。
他の選手と比べものにならない身体能力を有し、軽々と朝練をこなす。
その体にはある秘密が隠されている。神・大運動会を揺るがす秘密が……。

3rd Run それぞれの想い

競技でいつもトップを取るのは、謎に包まれたエヴァ・ガレンシュタイン。かなたは幼い頃にエヴァに会っているというが、エヴァには記憶がなく、ある組織とつながっている。一方のかなたとシェリイは、競技や衝突を経て距離を縮めたリディア、ヤナ、パリアと共に次の課題競技に向けて合宿に出かける。

4th Run 砕けゆく正々堂々

三日に渡って繰り広げられる大型競技・トライハーシュが始まった。一日目の種目は空のステージ。ここでもエヴァがトップを走り、かなた達はどんなに頑張っても追いつくことができない。エヴァのあまりにもな異常性に不審を抱くリディア。かなたはそれを制し、自らとエヴァとの約束を語り出す。

5th Run 光はあるから

難民出身のヤナの前に現れたのは、テロリストとなった親友・ユシルだった。ユシルはヤナに、ルームメイトであるリディアの抹殺を迫り、ヤナは誰にも打ち明けられないまま苦悩する。トライハーシュ競技二日目海のステージ。またしても独走しようとするエヴァに、シェリイが義肢にかかる負担をかえりみずに追いすがる。

6th Run 決戦前夜

宇宙撫子の座に近付けるかどうか、トライハーシュの最終三日目の結果が大きく物を言う。決戦前夜、再びユシルがヤナの前に姿を現し、リディア抹殺を迫る。大運動会の裏側でうごめく陰謀を追うジェフ。かなたはシェリィと言葉を交わし、想いも交わす。
――必ず、神・大運動会で優勝する。それがエヴァとの約束でもあるから。

7th Run 宿命にふる雨

トライハーシュ最終三日目陸のステージ。トップを走るエヴァの後に、かなたがついていく。二人が通り過ぎた直後、何者かが起こした崖くずれが、他の選手たちを足止め。リディアに追いつくまいとしていたヤナも、追いつかざるを得なくなった。そしてヤナは、ユシルの声にうながされるまま、隠し持っていた銃をリディアに向ける。

8th Run 記憶

間一髪のタイミングでユシルを捕らえたジェフ。だが、ユシルには、リディア抹殺をもおとりにした別の目的があった。その真の目的地にジェフが急行する中、かなたは最後の難関・絶望の荒野で、エヴァと死闘を繰り広げる。転倒し、一度はあきらめかけるかなたの脳裏に、おばあちゃんとの想い出がよみがえってくる。

9th Run 事を成す力

かなたとの死闘をきっかけに、エヴァの記憶がよみがえった。彼女は「太陽系管理委員会」が、宇宙撫子を通して私利私欲のままに太陽系を支配するため、優れた遺伝子を持つ女性を誘拐して作り出したデザイナーズチャイルドだったのだ。その太陽系管理委員会は、現在のエヴァは不良品とみて、新しいエヴァを作り出す。

10th Run 届かない世界

故郷を苦しめる病の治療法を手に入れるため、太陽系管理委員会やヨハンの側についたパリア。セヴァと呼ばれる新しいエヴァの力は、パリアがかなた達に教えた以上に強大だった。まったく太刀打ちできないかなたたち。調整を受けられていないエヴァは、力を発揮できず競技中に意識を失ってしまう。